肌修復 サイエンスコスメb.glen

ニキビと紫外線

紫外線はお肌に悪い、ということはかなり有名で、特に日差しの強い夏場だと街中は日傘をさした人でいっぱいになります。


にきび肌にとっても紫外線が有害なのは同じで、紫外線が日本よりも強く降り注ぐ南国に住んでいる人のにきび発生率は日本よりも高いそうです。


にきびができる原因は、活性酸素が一つの原因だと言われていて、紫外線にあたると活性酸素が発生してしまい、それがにきびの炎症をひどくさせ、赤にきびにしてしまうんだとか。


紫外線がお肌に悪いという認識はあったんですが、それはシミとかそばかすが発生してしまうからと思っていましたが、にきびにも紫外線は良くないんです。

 

アクネ菌と紫外線


ちなみに、にきびの原因菌であるアクネ菌は紫外線にあたるとポルフィリンという毒素を発生するので、にきびがさらに悪化してしまうそうです。


なので、できるだけ紫外線を避けるために、日傘を使ったり、UVカットのため日焼け止めを使う等の対策が必要です。


ただ、難しいのが紫外線を避けるためにSPF値の高い日焼け止めを使うと、得てしてSPF値の高い日焼け止めは油分が多かったりするので、紫外線は防げるけどにきびが悪化してしまう、なんてことが起こりえます。


そういったことを避けるために、日焼け止めは油分の少ないSPFの少し低めのものを使うか、油分がないオイルフリーの日焼け止めを選ぶと良いそうです。

 

 

できてしまったにきび対策


UVケアに気を付けていても、にきびができてしまうことはあると思います。

そんなときは、できるだけ早く治して炎症が起きるのを防ぎます。


ビーグレンの美容液「Cセラム」は、肌トラブルが起こっているところに吸い込まれるようにして高濃度ビタミンCを角層のすみずみまで浸透させてくれるので、優れた肌荒れ防止効果を発揮してくれます。

 
上記のCセラムや、肌のバリア機能を強化してくれるQusomeモイスチャーゲルクリームなど、4つの商品がセットになったビーグレンのにきびケアトライアルセットは1,800円で1週間分試すことができて、さらに購入してから365日間の返金保証制度があるので、もし自分に合わなかったとしても、無料で試すことができます。
 
 
無料とは言っても、万が一の返品時送料は自己負担になってしまいますが、過去1年間の返品率から計算したリピート率では、驚きの98.5%もリピート率があるそうなので、安心して試すことができますね!

 

 

© 2017 ニキビ rss