ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

にきび痕

にきびは見た目の色によって悪化の段階が判断されます。

 

白い状態や黒い状態はまだ最近に感染していない、炎症が起きていない初期段階なので、白や黒のうちに適切なスキンケアを行えば痕が残ることなく治すことができます。

 


ただ、炎症の原因となる原因菌が感染して炎症が起きてしまい、赤く腫れた状態や、膿が溜まって黄色くなった状態については、悪化の度合いにもよりますが、シミや肌の凸凹といった皮膚のダメージが大きく、痕として残りやすくなってしまいます。

 


炎症がひどくなって、皮膚の深いところまで傷痕が達してしまっていると、表皮の下の真皮にあるコラーゲンやエラスチンというような皮膚の弾力のもとになる組織にダメージが残ってしまい、にきびそのものが治っても、ダメージを受けた組織は完全に回復できずに傷痕として残ってしまい、長く残ることになってしまうということが起こります。


ダメージが残った肌は、いわゆる「にきび痕」と呼ばれる状態になります。

 

ニキビ痕は傷痕


ニキビ痕はいわば肌に残った傷痕です。


誰しも転んで、傷ができて、傷が治ったとしてもなんとなく周囲と色がちがったり(シミ)、周囲の皮膚より盛り上がったりへこんでいたり、凸凹になっているところがあったりすると思います。

 

特に肘や膝などがそうなりやすいですが、炎症が起きることの多い肌も同様に傷痕が残ってしまいやすい状態です。

 


特に、男性の場合は女性に比べて状態がひどい人が多いのは、男性の皮膚は女性よりも厚くできているため、傷が深くなる=傷跡も深くなり、きれいに治るのが難しくなるから、と言われています。

 

 

 

© 2017 ニキビ rss