ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

ニキビ 場所

にきびができる場所は、その種類によっても変わってきます。

たとえば、思春期にできるものは、その原因の多くが主に体内のホルモンの分泌が活性化して、皮脂が通常よりも過剰に分泌されることが原因で、毛穴の出口に古い角質、皮脂が溜まって詰まることで発生します。


さらに、そこでお肌を不潔にしていると、アクネ桿菌と呼ばれる細菌が付着、溜まった皮脂をエサに繁殖して炎症を起こすようになると「にきび」と呼ばれる状態になります。

 

その一方、大人にきびはお肌の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバーと呼ばれます)が正常と言われている28日周期よりも何らかの原因で長くなり、角質層が厚くなっていき、それが原因で毛穴が詰まることが原因でできる、と言われています。

 

上記のように、にきびの種類によってでき方が違うので、できる場所についてもにきびの種類によっては変わってきます。


たとえば、思春期は皮脂の過剰分泌が原因で起こるため、皮脂分泌の盛んなTゾーンと呼ばれる、おでこや鼻にできやすいことに対して、大人にきびはあごや口の周辺など、フェイスライン周辺のUゾーンにできやすいです。

 

背中ニキビ


顔以外の場所にできることで悩んでいる人が多いにきびが、「背中」にできるもの。


背中等の場所にできるものは何気に治りづらかったりするので、顔にできるものよりやっかいだったりします。

 

背中にきびなど、体のいろいろな場所にできるにきびに対する対策は、以下のような基本的な対策がメインです。


・早寝早起き
・外食はなるべく避けてバランスの良い食事
・甘い食べ物や脂っこい食べ物、油で揚げたものは控える

などなど。


どれもこれも、にきび肌というかスキンケアで大切なポイントです。

ダイエットにも通じるものがあるので、日ごろのスタイルケアも意識して生活するようにしておくのが美しいお肌への第一歩。

 


背中ニキビ対策


できたら困る場所、背中にきびの対策はいくつかあります。

 

いずれもお肌を刺激しないよう、顔ではない場所でもしっかりスキンケアを心がけましょう。

 

(入浴編)
・入浴時はボディソープ等液体せっけんではなく、固形石鹸で体を洗う
・体を洗うときはナイロンタオルではなく綿タオルを使う
・入浴後は油分を含まないジェルやローションなどの化粧品でしっかり保湿
→顔じゃない場所でも、保湿は美肌へつながります!

 


(衣類編)
・背中やにきびのできている場所に刺激の少ない衣服を心がける
→綿素材のように肌触りがよくて吸湿性の良い服がGood!

 

背中ってふだんあまり露出しない場所だったりするので、ついついスキンケアを怠りがちなんですが、結婚式とか、「ここ一番」で背中を出す場面って急にやってきたりします。

 

そんな時に急にあせっても背中にきびは改善したりしりないので、顔以外の場所であっても、普段から美しく保つように心がけることが真の美肌への近道です!

 

 

 

 

© 2017 ニキビ rss