ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

ニキビ スキンケア

ニキビ肌対策のためのスキンケアで大切なことは、何といっても保湿です。

 

体にとって水分が重要なように、スキンケアにとっても大切なのが水分補給。

 

言われてみれば、水がないと生きていけないように、みずみずしい肌には水分が必要ですし、水分が減って肌が乾燥するといくらスキンケアに注意していてもにきびができやすくなったりします。


スキンケアをしっかりしていればそんなことはないですが、手入れをおろそかにして特に肌の表面に粉を吹いてしまうくらいカサカサに乾燥していたら、だいぶ肌が乾燥している状態です。

 

 

ちなみに、肌の水分をキープするための物質が、「セラミド」と呼ばれる物質です。

 

スキンケアで重要なこのセラミドという物質の役割は、水と結びついて肌の水分のなんと80%も保持してくれているんだそうです。


保湿化粧水にはセラミドが入っているものを選ぶと良いんですが、セラミド配合化粧品にもいろいろあって、成分表示に「セラミド2」とか「セラミド3」とかの数字がついている化粧水の方が良いそうです。


スキンケアに良い成分としてさいきん有名なヒアルロン酸とかも有効成分としてほしいところもありますが、乾燥がひどい場合はセラミドの方が保湿効果が高いそうです。

 

セラミドとクレンジング

 

ちなみに、強いクレンジングは洗浄力は強くてさっとメイクが落ちるんですが、洗浄力が強いということはメイクと一緒にお肌のセラミドも落としてしまう、という恐れもあります。

なので、スキンケアのためには洗浄力の強いクレンジングではなくて、やさしいタイプのクレンジングを使った方が無難。

 


クレンジングでメイクを落とす、のではなくて、クレンジングでメイクを浮かしておいて、その後洗顔するときに洗顔料とか石鹸でメイクは落とすようにします。

 


オイルやリキッドタイプのクレンジングは肌への刺激が強いので、どちらかというとクリームやジェルタイプの方がお肌にやさしいクレンジングが多いようですが、化粧品メーカーによっては刺激の強いタイプもあったりするので、よく確認する必要があります。

 

試供品とかサンプル、お試しキットなどで、自分の肌質に合うかどうかを確認してから使うことがやさしいスキンケアへの第一歩です。

 

 

© 2017 ニキビ rss