b.glen

にきび 方法

にきびができてしまい、炎症を起こしたあとに、ちゃんとケアしてあげていないと傷跡のようなにきび跡が残ってしまう場合があります。


このにきび跡を直すためには、傷をきれいに直す方法が必要になってくるのですが、人間の肌に備わっている傷を治す方法、古いお肌を生まれ変わらせる方法がターンオーバーと呼ばれる機能です。

 

ターンオーバー


肌の細胞が生まれ変わるサイクルのことをターンオーバーといいます。


このターンオーバーの仕組みを説明するために、お肌の細胞の構成からお話しします。

 

お肌の一番外側の皮膚のことを「表皮」といいます。

その表皮の更にいちばん外側の部分が「角質層」と呼ばれる部分です。

そして、その逆、表皮の一番下の方にある部分が「基底層」と呼ばれる部分になります。

 

ターンオーバーの流れとしては、まず基底層にある基底細胞が分裂して、お肌の細胞が増えます。

その増えた細胞が徐々に表皮の中を外側に押し上げられて行って、最後は角質層に到達します。


そして、表皮の一番外側に出てきた細胞は、垢となって肌の表面から剥がれ落ちます。


このお肌の細胞が生まれ変わる方法がターンオーバーのメカニズムです。


お肌のいたるところでこのターンオーバーが行われています。
(いわゆる新陳代謝、のことです)

 

肌の細胞は毎日新しく生まれ変わっているので、そのターンオーバーのサイクルが正常にまわるように、体のコンディションを整えてあげる方法を考え、実行することが、お肌をきれいに保つポイントです。


一般にターンオーバーの周期は1か月程度と言われていますが、顔の肌の皮膚はもっと早くて20日ぐらい、という説もあるので、日々せっせとスキンケアに勤しんでいればそれだけ早く効果が表れるかもしれません。

 

 

© 2017 ニキビ rss