ニキビ肌修復 サイエンスコスメb.glen

 

ニキビの薬

にきびはよくある皮膚のトラブルなんですが、なんと日本で700万人近くが肌トラブルに悩まされているんだそうです。


たしかに、CDが700万枚も売れた、とかいうとみんながみんな持ってる感じがするので、にきびってほんと多くの人が悩まされているんですね。。。


ただ、海外は重症のにきび患者が多いのに対して、日本人の肌トラブルは比較的軽症なニキビが多いようなので、ドラッグストアで売っている薬でなんとかできるくらいの人が多いんだとか。


ドラッグストアで売っているスキンケア薬で人気があるのが、テラ・コートリルとかペアアクネクリームです。


 


 


テラ・コートリルとかペアアクネクリームはたしかに効果が出る人もいるんですが、お肌のトラブルって人によって肌質とかにきびの悪化度合いとかがことなっているので、一概にこれらの商品を使ってれば治りますよ、と言えないのがむずかしいところ。

 

また、原因が何かによっても直し方って変わってくるので、市販薬だけに頼るのも良くないそうです。

たとえば、睡眠不足や便秘からくるニキビの場合、薬を使っても完全に対症療法なので一時的に治ったとしても根本原因の睡眠不足とか便秘を解消しないとまた同じようなところにニキビができて、薬を使って直して、と繰り返してできてしまいます。


なので、明らかににきびになっている原因がはっきりしている場合は、薬を使うと同時にその根本原因を何とかするようにしないとにきびってなかなか治ってくれないので注意が必要ですね。

 

薬をつかったり根本原因を解消したりする他には、日ごろ口にしている食べ物にも気を付けた方が良いです。

忙しいからと言って、インスタント食品とかコンビニ弁当とかばかりの食生活になっていませんか?

もしくは、菓子パンとかおかしとかスナックを食事代わりにしてたりしませんか?

 

自分の体、お肌の細胞は、元をただせば自分が食べたものからできているので、その食べ物の質が悪ければ質の悪いお肌ができあがる、というのは明らかです。

 

食事はできるだけ買ってきたものばかり食べるのではなく、自炊して脂っこいものを避けるなど、ダイエット面からみてもスキンケア面からみても食事はたいせつな要素です。

 

 

 

 

© 2017 ニキビ rss