素肌はセレブ サイエンスコスメb.glen

 

 

大人にきびには、その悪化の段階によっていろいろな種類がありますが、一般的には炎症の具合による見た目の色によって白・黒・赤・黄というように、色を使ってどんな種類かに分類されます。

 

具体的な例は以下の4つの種類に色分けをしたものが有名です。

 


白ニキビ

白にきびは別名、閉鎖面皰とも呼ばれる種類のものです。これは、単純に毛穴の出口がふさがってしまい、出口がなく行き場のなくなった毛穴から分泌された皮脂が毛穴の中に溜まっている状態です。

まだこの段階だとひどい炎症は起きてない状態なので、どちらかというと目立った自覚症状のないケースが多いのが特徴です。


黒ニキビ

黒いものは別名、開放面皰とも呼ばれる種類のもので、白にきびに溜まっていた皮脂の表面が空気に触れて酸化して、黒ずんでいるように見える状態です。

黒いとなんだか悪化の段階で言うと症状が重いように見えてしまいますが、どちらかというと悪化の段階的にはまだまだ初期段階の種類なので、炎症は起きていない状態になります。


赤ニキビ

炎症が起きていない白い段階に、炎症の原因となるアクネ菌などの細菌が付着、感染して、炎症が起き、赤く腫れている種類になります。

この段階まで悪化した場合は、跡が残らないように早急に薬を使うとか、皮膚科に行って診てもらうなどを考えた方が良い段階です。


黄ニキビ

赤い状態の炎症がもっとひどくなり、毛穴の中に膿がたまってしまっている種類です。
これはパッと見、膿が皮膚で透けて白く見えるので、白にきびかだから初期段階のものだ、と思ってしまうことがありますが、黄にきびは痛みやかゆみなどの自覚症状を伴います。

ここまで悪化してしまったら、できるだけ皮膚科で診てもらった方が予後が安心です。

 

症状の把握

 

にきびは以上のような種類に分類されますが、あなたのにきびはどの種類のにきびでしたでしょうか?


にきびが複数できてしまっている場合は悪化の程度が違ったりして、何種類かが同時にできてしまっているかもしれません。

 

にきびの悪化の程度によっては、効果のある薬が変わってくることもあるので、自分のにきびがどの程度悪化しているのかを把握しておくのは大切です。

 

 

 

© 2017 ニキビ rss